ユーザーが本当に欲しいサービスってなんだろう?

最近サービス企画も本腰を入れてやり始めたrinです。

今回の投稿は今考えていることをつらつらと、いわばポエムですので気楽に読んでいただけると。。

 

エンジニアも一緒にサービス企画しよう!

私はもともと「こういう機能欲しい」って言われたものベースに設計して開発してきたタイプのエンジニアでしたが、みんなのウェディングに入社してからはエンジニアも企画から一緒に考えます。

 

企画ってすごく楽しそう!自分で考えたものが世の中にリリースされるなんて最高!

なんて思っていましたが実際にどんなサービスを作ろうか考え出したら難しくて日々悶々としています。

 

企画中は開発の手も止まってしまうしやっぱりエンジニアは作ることに集中した方がいいのでは?なんて思う日もありますが、ただ作るだけじゃなくて思い入れを持って作りたい!と思うんですよね。

 

だからこそ企画に携わるからにはあまり長い時間をかけないでいいアイデアを出して早く開発したいところ。

でもそれが難しい〜!という今日この頃です。

 

サービス企画を難しくさせている理由

 

企画を考える上でありがちなのが

  • 与えられた時間、人といったリソースの中でできることを考えてしまう
  • 私の結婚式はこうだったという経験や知識に左右されてしまう
  • そもそも解決したい課題って何だっけと原点を忘れてしまう

といったことでした。

 

「これやってみたいけど今の環境でやったら1ヶ月以上かかるかも」ってことがよくあります。

私たちが作るWebサービスはスピードも大事。

できるだけ早くユーザーに価値を届けたいですし、リリースしてみて初めてそれがユーザーにとって役に立つのか分かることもあります。

 

そして企画を考える上で自分自身の経験を活用できるってとても良いことだと思っていたのですが、私の経験=みんなの経験ではないということをつい忘れがちで少し視野が狭くなっていました。

 

結果、あれこれ考えを巡らせていると結局何のために企画を考えているのか分からなくなり、本来の目的を見失っていました。

 

これだ!と思える企画が打ち出せないのは上記のような理由で考えがまとまっていなかったんですね。

 

私もこのサービスの創業者になる

 

私はみんなのウェディングではのせる部という部署に所属しています。

のせる、つまり口コミ投稿ユーザーの気持ちになってサービスを考え開発する部署です。

 

みんなのウェディングという結婚式場の口コミサイトのサービスに携わりながら何を

言い出すんだという感じですが、

 

私は私の頭の中から「口コミがユーザーの課題を解決してくれるという思い込み」を一度捨てようと思います。

 

口コミが集まればユーザーの課題は本当に解決されるのでしょうか。

 

私はみんなのウェディングというサービスが始まってから4年経った後に入社したので創業当時はその場にはいませんでした。

 

どんな思いで始まったサービスなのか経緯は聞いていますが、今サービスを作っている私自身が創業者と同じような思いを持たなければそりゃあ薄っぺらな企画しかできないですよね。

 

そして創業当時はユーザーの課題を口コミが解決できるということだったのかもしれませんが、ユーザーの課題って時代とともに変化すると思うのです。

 

ここ数年で結婚式に対する考え方も少しずつ変わっています。

 

今、その解決策が必ずしも口コミではなくなっているのかもしれません。

  

なるべく時間をかけずにアイデアを出したいと言いつつ少し遠回りになりそうですが、ユーザーが本当に欲しいサービスを考えるのならまず自分が創業者の立場に立ち返って考えることが大事だなと思いました。

 

まずはここから出発です。

エンジニア志望じゃなかった私がRails Girlsのコーチになるまで

Rails Girls Japan Advent Calendar 2016 の22日目の記事です。

前回は21日目emorimaさんのRails Girls はじまりはいつも小さな一歩でした!

 

こんにちは、rinです。

社会人になってから6年、もともとエンジニア志望ではなかった私ですが、

今では自ら選んでエンジニアとして働いています。

最近ではRails Girlsのコーチも務めました。

 

この記事を書くにあたってもし私と同じように「プログラミングなんて私には無縁かも」と思ってその道を閉ざしている方がいたら一度やってみたらはまるかもしれないよ!

というのをお伝えしたいなと思いました。

一度やってみたら?と言ってもハードル高いですよね。

それを叶えてくれるのがRails Girlsだと思います。

私がRails Girlsを知ったのはエンジニアになって数年後でしたが、

Rails Girlsに参加した経験は私の人生に大きな影響を与えてくれました。

 

今回はプログラミングに関心がなかった私がエンジニアになってRails Girlsのコーチを務めるまでの体験談をお話したいと思います。

 

初めての就職活動

私が大学3年生の時はいわゆる就職氷河期で、

早めに就職活動を始めないと就職先が決まらないのではという不安でいっぱいでした。

文系出身の私は当時金融関係の勉強をしていたこともあり、

金融機関への就職が自分にとって最も適しているだろうと感じていました。

でも金融機関の選考が始まるのはもう少し先。

その前に就活慣れしておきたい!と思ったときに目に飛び込んできたのが

とあるソフトウェア開発会社の新卒募集広告でした。

 

一番最初に入社した会社とプログラミング

最初にお話しておくとこの時ソフトウェア開発に興味を持ったわけではありません。

この会社の選考方法が少し独特で他とは違い、なんとなく興味を抱いたのが始まりでした。

選考を受ける過程で「あ、もう無理かも」と思ったのは

PCを渡されて自分が考えたものをコード書いて作ってみてと言われた時でした。

いくらなんでも私には難易度高すぎる選考課題に初日は何をしたらいいのか分からず、

ただただぼーっと過ごしました。(インターンシップ選考で10日間通っていました)

しかしそんなことが許される雰囲気でもなく、

選考に参加していた周りの学生は1日も無駄にせず着々と何かを作っているように見えました。

そこで初めて「同じ学生なのになんで私はできないんだ」と焦りを感じ、

私もそのコードとやらを書いてみました。(実際にはコードを書くに至るまでいろんな技術的葛藤がありましたが)

そんなこんなでこの先エンジニアとしてやっていくぞ!という覚悟もないまま、

今まで勉強してきたこととは全く違うフィールドを選ぶのも面白いかもという思いひとつで、

2011年にこの会社に新卒入社したのです。

 

モノを作るエンジニアから価値を生み出すエンジニアへ

新卒エンジニアとしてソフトウェア開発に携わる中でいろんな発見がありました。

  • こんな風にプログラムって動くんだー!
  • わ、不具合出しちゃった!
  • リリースする前にちゃんとテストしよう
  • 自分で何か作ることができるって楽しい

といった具合で割とエンジニアとういう職に抵抗なく馴染み始めた頃、

  • 私が作ったものどんな風に使われているんだろう
  • 使ってくれる人の役に立っているかな

と作ることよりも作ったあとのことについて考え始めました。

ちょうどその頃結婚が決まり結婚式関連のwebサービスを私生活で使うようになりました。

それまで知らなかったのですが結婚式って割と不透明な部分が多く、

よく分からずに判断してしまうことも多々ありもやもやしていました。

この思いを形にしたらユーザーにとって価値あるものを作れるかもしれないと期待し、

2014年にみんなのウェディングというwebサービスの会社に転職しました。

 

Rails Girlsとの出会い

ユーザーにとって価値あるものを作りたい

これを実現するためにはエンジニアとしてできることをもっと増やさなければなりません。

でもどうやって??

いや、単純に勉強すればいいのですがこの頃は知らないことが多すぎて

常によく分からないものと格闘し、思うように成果が出せず、

時にはエンジニアとしてやっていく自信を失くしていました。

そんな私の(あまり覚悟が決まっていなかった)エンジニア人生に大きな影響を与えたものがRails Girlsでした。



f:id:rin0801:20161222103409j:image


f:id:rin0801:20161222103420j:image

 

Rails Girls Tokyo 2015に生徒として参加したのですが、そこには私の思いを汲み取ってくれるコーチ、同じような思いを抱えている生徒がたくさん参加していました。

中でもコーチの方から

「今日から1年頑張って来年のRails Girlsにはコーチとして参加してね!」

と声を掛けてもらったことがとても励みになり、これがその年の目標になっていました。

そして..

 

f:id:rin0801:20161222091505j:image


f:id:rin0801:20161222103441j:image

 

Rails Girls Tokyo 2016には念願のコーチとしての参加を果たしました!

まだ人に教えるなんて早いかなと思いドキドキしながら当日を迎えましたが、

教わる側も教える側もスタートは同じ、私が知っていることは全力で話すし

知らないことは一緒に考えようといった感じでとても楽しい時間を過ごしました。

またひとつ大きく成長するチャンスをいただいたことには本当に感謝しています。

 

おわりに

エンジニア志望じゃないからとか向いてなさそうだからといった理由で

一度もやったことがないのはもったいないくらい楽しい世界です。

Rails Girlsに参加したら

自分の知らないところにこんな面白いものがあったんだ!

って発見がたくさんあると思います。

私自身もまたRails Girlsに関わって新しい出会いや仲間との再会を楽しみにしています。